ナイキがブラジルワールドカップ用に3Dプリンターで作った製品を発表

スポーツウェアメーカの「ナイキ」がブラジルで開催中のFIFA World Cup 2014 に出場するプレーヤーの為に、3Dプリンター製のスポーツバッグをデザインした。

ナイキフットボール「Rebento」ダッフルバッグは、世界で初めての3Dプリンターでプリントされたサッカーバッグとなる。

「Rebento」はポルトガル語で「シュート」という意味。

3Dプリントされた部分は、ナイキのフライニットシューズのデザインパターンを利用し、粉末のナイロン素材をレーザー焼結で成形する製法で作られています。

革の部分はプレミアムレザーが使用されており、軽量さを保持しながら柔軟で耐久性のあるデザインを実現。

Nike Worldcup 3D Printer
Nike Worldcup 3D Printer
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター

パッド(脛当て)は、「The Mercurial FlyLite Guard」。

パッドは軽量化と通気性良くデザインされており、長時間快適に付けていられるように作られている。

ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター 脛あて
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター 脛あて
 

オランダ発の3Dプリンタ共有サービス「3D Hubs」

3D Hubsはオランダのアムステルダムに本拠を持つ、3Dプリンタ共有ネットワークサービスの世界最大手。
3D Hubs
所有者は3Dプリンタを登録し、ユーザーは3D Hubsのサイト経由で近くの利用できる3Dプリンタから出力できる。 

全世界でサービス展開しており、3Dプリンタ登録数は4月の4000台超から1カ月でおよそ500台増加し、4500台超になっている。登録されている3DプリンターはMakerBotやRepRapなどその大半がデスクトップタイプの3Dプリンター。

 

まだ日本での登録は多くないが、今後このようなサイトが増えて来ると予測される。

 

オンライン3Dビューア STEP, IGES, OBJ, STL, DXF(2D)

3D Viewer Online
オンライン3Dビューア
オンライン3Dビューア
3Dデータのビューア(ブラウザ)として動作するウェブサーバーです。 

サポートファイルフォーマット:

STEP, IGES, OBJ, STL, DXF(2D)

容量制限:25MB

 

ビューアを持っていない方、自分のPCにインストール出ない方にお勧めです。

オンラインで3Dデータを変換してくれるサイト

Online 3D Model Converter
オンライン3Dデータ変換(STL)
オンラインで3Dデータを変換してくれるサイトがあります。勿論無料です。一度に10ファイル、20MBまで処理可能です。

入力ファイルフォーマット:
Collada, 3DS, Blender, OBJ, DXF, LWO, STL, PLY 及び他25種類以上

出力ファイルフォーマット:
Collada, 3DS, X, OBJ, PLY, STL (テキスト/バイナリー)