3Dプリンターが流行っているわけ

3Dプリンターの流行が始まったのは、クリス・アンダーソンという著者が「21世紀の産業革命が始まる」という文句にて「Makers」という書籍を出版し、大人気になったのが始まりと言われております。 MAKERS―21世紀の産業革命が始まる 「Makerbot(メーカーボット)」という3Dプリンターを使った著者の体験が書かれております。 3D プリンター MakerBot Replicator 2 [並行輸入]

Makerbotは、個人ユーザ用3Dプリンターの草分けで、米国内において圧倒的なシェアを持つ人気の3Dプリンターとなります。

その後、米国のオバマ大統領が演説で3Dプリンターを取り上げました。

「米国内の製造業を立て直す必要がある。その為には3Dプリンターがカギとなる。3Dプリンターを米国内に1,000台導入する」という発言し、一気にブームとなりました。

それを受けて、日本のテレビ及び新聞等のメディアが、3Dプリンターに注目するようになり、競って取り上げました。

それを追いかけるように、日本の政府も、企業や学校に補助金を出すなど、3Dプリンターの導入を支援する施策を取りました。

また、世界No.1のシェアを持つ米国ストラタシス社が持つ「FDM(熱溶解積層法)方式」の特許が切れたことにより、世界中多くの会社がFDM方式の廉価版3Dプリンターを発売しました。製品の低価格化もブームを加速させた要因の一つと思われます。

参考情報

3Dプリンターは、上位2社のメーカでマーケットシェアの75~80%を占めると言われており、その2社とも米国に本社を持つ会社となっており、日本のメーカは出遅れている状況となっております。その為、日本政府は多くの国内メーカに3Dプリンターを製造するように話を持ちかけたそうです。

 

[...]