3Dプリンターの材料コストの計算方法

3Dプリンターが流行っている昨今ですが、特に業務用の3Dプリンターの材料はまだまだ非常に高価です。

個人向け/家庭向けの3DプリンターはFDMの特許が切れ、誰でも自由に3Dプリンターが作れるようになりました。

その結果、材料の供給にも競争が発生し、コストが下がって来ましたが、業務用の3Dプリンターの場合、大手3Dプリンターメーカの力が強く、材料コストが下がる気配はありません。

ここで、各社の3Dプリンターの材料費、所謂ランニングコストを計算する場合のポイントを一つご紹介します。

例えば、

A社 材料1kg 50,000円

B社 材料1.2kg 50,000円

だった場合、単純にB社の方が安いと考えてしまいがちです。

ところが、注意すべき点が1点あります。

 

同じデータを使って同じモノを作る場合にも、3Dプリンター毎に消費する材料の量は異なります。

消費材料の量が違ってしまう理由は、主に

・パージで吐き出す量が異なる

・排出した材料の表面をかき取る量が異なる

・サポート材の付け方が異なる

からです。

もし、ある同じものを作る際に、

A社 材料消費 200g

B社 材料消費 250g

だとしたら、

A社 50,000円×200g/1,000g=10,000円

B社 50,000円×250g/1,200g=10,416円

となり、A社の方が安いことになります。

「それは極端な話で、実際には消費量はそれ程変わらないでしょう?」と思われる方がいるかと思いますが、実際のところ、結構違うんです。

従いまして、注意して戴きたい点は、材料の価格を単純比較するだけでなく、

必ず何かサンプルを用意し、「それを作るのにいくらかかるか」を比較して戴くことをお勧め致します。

 

    […]

3Dプリンターが流行っているわけ

3Dプリンターの流行が始まったのは、クリス・アンダーソンという著者が「21世紀の産業革命が始まる」という文句にて「Makers」という書籍を出版し、大人気になったのが始まりと言われております。 MAKERS―21世紀の産業革命が始まる 「Makerbot(メーカーボット)」という3Dプリンターを使った著者の体験が書かれております。 3D プリンター MakerBot Replicator 2 [並行輸入]

Makerbotは、個人ユーザ用3Dプリンターの草分けで、米国内において圧倒的なシェアを持つ人気の3Dプリンターとなります。

その後、米国のオバマ大統領が演説で3Dプリンターを取り上げました。

「米国内の製造業を立て直す必要がある。その為には3Dプリンターがカギとなる。3Dプリンターを米国内に1,000台導入する」という発言し、一気にブームとなりました。

それを受けて、日本のテレビ及び新聞等のメディアが、3Dプリンターに注目するようになり、競って取り上げました。

それを追いかけるように、日本の政府も、企業や学校に補助金を出すなど、3Dプリンターの導入を支援する施策を取りました。

また、世界No.1のシェアを持つ米国ストラタシス社が持つ「FDM(熱溶解積層法)方式」の特許が切れたことにより、世界中多くの会社がFDM方式の廉価版3Dプリンターを発売しました。製品の低価格化もブームを加速させた要因の一つと思われます。

参考情報

3Dプリンターは、上位2社のメーカでマーケットシェアの75~80%を占めると言われており、その2社とも米国に本社を持つ会社となっており、日本のメーカは出遅れている状況となっております。その為、日本政府は多くの国内メーカに3Dプリンターを製造するように話を持ちかけたそうです。

 

[…]

3Dプリンター世界の市場シェア

2013年販売実績(Wohlers Report 2014より)

3Dプリンターを使用する用途

(Wohlers Report 2014より)

3Dプリンターを使用する業界分布

(Wohlers Report 2014より)