3Dプリンターでつくる月面基地

まったく新しいコンセプトによる月面基地が、アップルの新キャンパスなどを手がけるロンドンの設計事務所、フォスター+パートナーズのデザインによって計画されている。制作手段の目玉は、月の砂を使って建築資材をつくるイタリアで発明された巨大3Dプリンター「D-Shape」。欧州各地のクリエイティヴィティを結集してチャレンジするこの構想が、有人宇宙計画の新たな未来を切り拓くか。
3Dプリンターでつくる月面基地
続きはこちら

http://wired.jp/2013/02/04/3dprinted-moonbase/

Leave a Reply