Hence, the students nearly all elect for Drop Admissions.

Really speaking, composition composing isn’t an specific straightforward action to do and it’s very essential that people take crucial help when composing an essay. Quality essay writing solutions and thesis writing services are offered for the aid of the folks notably the students so the students aren’t required to seek for aid here and there. Writing a thesis became a fantastic experience for me, personally. Continue reading “Hence, the students nearly all elect for Drop Admissions.” »

3Dプリンターの材料コストの計算方法

3Dプリンターサンプルモデル

3Dプリンターが流行っている昨今ですが、特に業務用の3Dプリンターの材料はまだまだ非常に高価です。

個人向け/家庭向けの3DプリンターはFDMの特許が切れ、誰でも自由に3Dプリンターが作れるようになりました。

その結果、材料の供給にも競争が発生し、コストが下がって来ましたが、業務用の3Dプリンターの場合、大手3Dプリンターメーカの力が強く、材料コストが下がる気配はありません。

ここで、各社の3Dプリンターの材料費、所謂ランニングコストを計算する場合のポイントを一つご紹介します。

例えば、

A社 材料1kg 50,000円

B社 材料1.2kg 50,000円

だった場合、単純にB社の方が安いと考えてしまいがちです。

ところが、注意すべき点が1点あります。

 

同じデータを使って同じモノを作る場合にも、3Dプリンター毎に消費する材料の量は異なります。

消費材料の量が違ってしまう理由は、主に

・パージで吐き出す量が異なる

・排出した材料の表面をかき取る量が異なる

・サポート材の付け方が異なる

からです。

もし、ある同じものを作る際に、

A社 材料消費 200g

B社 材料消費 250g

だとしたら、

A社 50,000円×200g/1,000g=10,000円

B社 50,000円×250g/1,200g=10,416円

となり、A社の方が安いことになります。

「それは極端な話で、実際には消費量はそれ程変わらないでしょう?」と思われる方がいるかと思いますが、実際のところ、結構違うんです。

従いまして、注意して戴きたい点は、材料の価格を単純比較するだけでなく、

必ず何かサンプルを用意し、「それを作るのにいくらかかるか」を比較して戴くことをお勧め致します。

 

 
 

FDM(熱溶解積層法)の表面処理

FDM表面加工

FDM表面加工

FDM(熱溶解積層法)の場合、材料の強度などの特性に強みを持つものの、表面のテクスチャー(手触り)についての課題は未だ解決出来ておりません。

その技術を開発している会社があります。

これはあくまでも後加工の方法ですので、最初から3Dプリンターで表面のなだらかなモデルを作るということではありません。

しかし、どんな方法であっても、それが出来ますとFDMの世界がかなり変わって来ることに間違いはありません。

3Dプリンタの展示会で貰った造形サンプル

 3Dプリンターで作ったイスライルのお守り

展示会で配布されていた造形サンプル。ストラタシス社の業務用カラー3Dプリンターで造形したモノ。

 

これはイスライルでは有名なお守り。イスライルの家庭にお邪魔すると、玄関だったり、廊下だったり、いろいろな場所に必ずと言っていい程置いてあります。

 

ストラタシスが合併する前、オブジェット社と言うイスライルに本社を置く会社でした。

現在は、イスライルと米国の両方を本社としています。

 

カラー3Dプリンターで作ったパンダのアクセサリー

これも展示会で配っていたプロモーションサンプル。

 

色々な色のカエル・おたまじゃくし・パンダなどを配っていたが、白黒のパンダはほんの少ししか用意しなかったらしい。

 

白と黒の不透明の硬質樹脂と透明の硬質樹脂の3色で造形したもの。

ナイキがブラジルワールドカップ用に3Dプリンターで作った製品を発表

スポーツウェアメーカの「ナイキ」がブラジルで開催中のFIFA World Cup 2014 に出場するプレーヤーの為に、3Dプリンター製のスポーツバッグをデザインした。

ナイキフットボール「Rebento」ダッフルバッグは、世界で初めての3Dプリンターでプリントされたサッカーバッグとなる。

「Rebento」はポルトガル語で「シュート」という意味。

3Dプリントされた部分は、ナイキのフライニットシューズのデザインパターンを利用し、粉末のナイロン素材をレーザー焼結で成形する製法で作られています。

革の部分はプレミアムレザーが使用されており、軽量さを保持しながら柔軟で耐久性のあるデザインを実現。

Nike Worldcup 3D Printer
Nike Worldcup 3D Printer
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター

パッド(脛当て)は、「The Mercurial FlyLite Guard」。

パッドは軽量化と通気性良くデザインされており、長時間快適に付けていられるように作られている。

ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター 脛あて
ナイキ ワールドカップ 3Dプリンター 脛あて