FDM(熱溶解積層法)の表面処理

FDM表面加工

FDM表面加工

FDM(熱溶解積層法)の場合、材料の強度などの特性に強みを持つものの、表面のテクスチャー(手触り)についての課題は未だ解決出来ておりません。

その技術を開発している会社があります。

これはあくまでも後加工の方法ですので、最初から3Dプリンターで表面のなだらかなモデルを作るということではありません。

しかし、どんな方法であっても、それが出来ますとFDMの世界がかなり変わって来ることに間違いはありません。

オランダ発の3Dプリンタ共有サービス「3D Hubs」

3D Hubsはオランダのアムステルダムに本拠を持つ、3Dプリンタ共有ネットワークサービスの世界最大手。
3D Hubs
所有者は3Dプリンタを登録し、ユーザーは3D Hubsのサイト経由で近くの利用できる3Dプリンタから出力できる。 

全世界でサービス展開しており、3Dプリンタ登録数は4月の4000台超から1カ月でおよそ500台増加し、4500台超になっている。登録されている3DプリンターはMakerBotやRepRapなどその大半がデスクトップタイプの3Dプリンター。

 

まだ日本での登録は多くないが、今後このようなサイトが増えて来ると予測される。

 

オンライン3Dビューア STEP, IGES, OBJ, STL, DXF(2D)

3D Viewer Online
オンライン3Dビューア
オンライン3Dビューア
3Dデータのビューア(ブラウザ)として動作するウェブサーバーです。 

サポートファイルフォーマット:

STEP, IGES, OBJ, STL, DXF(2D)

容量制限:25MB

 

ビューアを持っていない方、自分のPCにインストール出ない方にお勧めです。

オンラインで3Dデータを変換してくれるサイト

Online 3D Model Converter
オンライン3Dデータ変換(STL)
オンラインで3Dデータを変換してくれるサイトがあります。勿論無料です。一度に10ファイル、20MBまで処理可能です。

入力ファイルフォーマット:
Collada, 3DS, Blender, OBJ, DXF, LWO, STL, PLY 及び他25種類以上

出力ファイルフォーマット:
Collada, 3DS, X, OBJ, PLY, STL (テキスト/バイナリー)